ホスピタルクラウン
 この前の日曜日、名古屋市芸術創造センターで、クラウン(道化師)のショーを見に行きました。
ビックリする事の連続で、鳥肌が立ちました。
 
1鳥肌= ショーはとてもおもしろく、30人ほどのクラウンがたくさんの演技や技を
披露してくれて、会場内大盛り上がり!! 
「人を喜ばせる事って本当にいいな」 と思いました。

2鳥肌= そこまでなら「あー楽しかった」 で終わりなのですが、そこからです!!
会場ロビーで色々なクラウングッズを売っていた中に 
「ホスピタルクラウン」の本と、「サービスの力」の本が置いてありました。
手にとって読んでみると、「ホスピタルクラウン」とは、病院へ行って闘病している人々、
また、病院にいる全ての人々にクラウンの技術を使って明るい笑顔を届ける事を
しているそうです。
ユーモアと笑いは、人の免疫力を高め、病気の予防や回復に大いに
役立っていることが、科学的にも証明されるようになってきたそうです。
 病院の敷地内で営業する事になったダーシェンカで、自分達ができる
精一杯のサービスをして、喜んでもらえる事がこれから先につながって
行くんだなと実感しました。

3鳥肌= そんな風にいろいろ考えて胸をワクワクさせて家に帰り、
「日本ホスピタルクラウン協会」 のチラシを見ていたら、
なんと、主な活動病院の中に 南生協病院も入っているじゃないですか!!

 これは何かの縁なのか?! 

とにかく、僕は、美味しいパンを作ってたくさんの人が喜んでくれると
いいなと思いました。

 ぜひ、ホスピタルクラウンのHPものぞいて見てください。

 =ふじしま=
by bakergirls | 2010-02-24 07:00 | 大高店での出来事
<< 重た~い 「鍵」 看板取り付け >>