パン教室「シュトーレン」作り
こんにちは!大高店の山崎です!

今日の大高店のパン教室では「シュトーレン」が作られていました!

ドイツのクリスマスシーズンの、伝統的な焼き菓子シュトーレン。
作ってから時間がたつほど味わい深く、そしておいしくなっていきます。
クリスマスまでの1か月を、少しずつスライスして食べて過ごし、食べ終わる頃にクリスマスがやってくる・・・というドイツの伝統的なクリスマスの過ごし方だそうです。

ダーシェンカのお店でも、毎年12月は、この人気のシュトーレンを大量に焼きます。(山崎はまだこの大変さを経験したことがありません・・・こわい・・)本当に大変らしいです。

今日の小倉先生もとても忙しく行ったり来たり・・・
山崎はこの厨房の中から応援をする事しか出来ません・・・(がんばれ~がんばれ~)071.gif

それだけに、焼き上がった時は感動!
それでは焼き上がってからの仕上げの風景をお届けします^^

↓ シュトーレン専用の型に入れられ、窯にじっくり(45分くらい)焼かれます。a0060742_142041.jpg

↓ このきれいなお肌(?)を見て下さい。
a0060742_1417559.jpg

↓ そして澄ましバター(溶かしたバターの上澄みだけ)に漬けます。贅沢だね~a0060742_1417119.jpg

↓ さんざん焼かれたあげくに、熱々のバターのプールにじゃぽ~ん!
a0060742_14171918.jpg

↓ そして初めての共同作業・・・(なんつって037.gif
a0060742_1417262.jpg

↓ 最初にきめの粗い砂糖を全体にまぶします。その後、飾りにきめの細かい粉糖をかけます。
a0060742_14232563.jpg
    
↓ ほら、雪が積もったみたいでしょ^^
a0060742_14175186.jpg


1ケ月かけて少しずつ・・・なんて、山崎には無理そうです。
テレビを見ながらついついつまんで、気づいたら???ペロリと丸かじり016.gif
by bakergirls | 2010-11-06 14:10 | 大高店での出来事
<< 祝★中日ハウジングセンター20周年! お待たせしました!大高店11月... >>