カテゴリ:パン屋のお仕事( 8 )
石窯のはなし
 毎日、毎朝、石窯に火を入れる所からダーシェンカの一日が始まります。
どこの店の窯もレンガを1つ1つ手で積み上げた手作りの窯です。
 閉店後、窯の中に薪を入れて帰り、翌朝、窯の予熱でよく乾いた薪に点火します。
約3時間ぐらい焚き続けた後、灰をかき出しモップがけしてきれいにした状態で
予熱だけで焼いていきます。
 
 火出しが終わった直後 窯の中は400度以上になります。(頑張って焚くと500度ぐらいにも)
最初にピザを焼いて、次にベーグル、あんぱんなど小物パン
順に大きなパンを焼いていき、窯の温度が下がったお昼ごろに食パンが焼きあがります。
 毎日温度が違う窯で、しかも窯の中もムラがあり、窯を操るのは大変な事です。

朝一の窯はタイマーを10秒、20秒間違えると一瞬で真っ黒になってしまうので、緊張しっぱなしです。
でも、そんな窯で焼けたパンは 『もっちりしっとり』としていて、とてもおいしくなります。

手間暇を楽しんで、毎日パン作りを楽しんでいます。

a0060742_7103267.jpg

by bakergirls | 2010-04-18 07:10 | パン屋のお仕事
煙突の掃除
 豊田店の藤嶋です。
 幸田店の火事から早いもので、もう一年が経ちました。
自治区の区長さんを始め、消防の方や地域の方に大変ご迷惑を
おかけしました。 二度と同じ事を繰り返さないように煙突の
メンテナンスをおこないました。

 パンの安心・安全も大事ですが、地域の方やお客様に
信頼してもらい、安心して頂けるお店造りをしていきたいと思います。

a0060742_2402241.jpg

 
a0060742_0253628.jpg
 
a0060742_2342026.jpg

by bakergirls | 2009-06-01 02:41 | パン屋のお仕事
修理屋さん
 幸田店の藤嶋です。
いつも食パンにワンちゃんマークの焼印を押していますが、その焼印を押すコテが
ショートして壊れてしまいました。
 こういう器具や機械、配線工事、配管工事など色いろな物の修理や改修作業を
よく任されます。 以前、トヨタ自動車で設備の整備をしていた経験を生かすことが
できてすごくよかったです。
夕方、脚立をかついでツールボックスもってウロウロいていることがよくありますので
声かけてみてくださいね!!
a0060742_505744.jpg
a0060742_51815.jpg


=ふじ=
by bakergirls | 2008-09-19 00:20 | パン屋のお仕事
ホームページ変更のご案内
 ブログの更新が遅れて大変申し訳ありません。 
5月1日より、ダーシェンカのホームページがリニューアルします。
パンの種類も増え、インターネットショッピングも楽しくなると思います。
楽しみにしていてください。
by bakergirls | 2008-04-19 13:22 | パン屋のお仕事
毎日の薪入れ作業
 ダーシェンカでは、閉店前に次の日の石窯を焚くための薪入れをするのが日課です。
女性の店員さんでは少し重労働ですが、これも美味しいパンを作るために欠かせない重要な仕事なんですよ! 
 夕方こんな光景を見かけたら一声かけてくれると嬉しいですね。 
「頑張って美味しいパンを焼いてくださいね」 ってね!
 
a0060742_1662418.jpg

a0060742_167162.jpg

a0060742_1672736.jpg

by bakergirls | 2007-04-18 16:08 | パン屋のお仕事
オープンテラスのカフェが出来ました。
 こんにちは、今年の1月から転職してダーシェンカにお世話になってる藤嶋です。
スタッフブログ担当となり、久々に投稿することになりました。
ダーシェンカでの出来事や、裏話など沢山の人に興味を持ってもらえたらいいなぁと思います。
 まず、ダーシェンカの大きく変わった所を紹介しますね!
去年の9月にオープンテラスのカフェが出来ました。 店舗も広くなり、の~んびりパンを
選んでもらえますよ。
 カフェでの一番のお奨めは石窯スープです。 中でも、手間暇かけた
オニオングラタンスープは格別です!
a0060742_216485.jpg
  
a0060742_2171357.jpg
鶏ガラと向かい合うこと5時間、スープを沸騰させないように気をつかわないと、
あの透き通ったスープは出来ないんですよ・・・。
あとは、2時間かけてじっくり炒めた飴色のタマネギを入れ、パンとチーズを浸せば
見事なオニオングラタンスープの出来上がり!!
ぜひ一度食べに来てホッペタを落としていってください。 その他にも石窯野菜スープ(カレー味)もどうですか?!

 以上、幸田店 藤嶋でした。
by bakergirls | 2007-03-07 21:18 | パン屋のお仕事
石窯と薪
スタッフS(えす)です。
他の子が忙しいので、今回も私が更新します。

ダーシェンカのパンは全部、スタッフが小麦粉をこねる所から生地を手作りして、石窯で焼いているわけですが、この石窯も、ガスで火を焚いているわけではありません。

結構多いんですよね。「焼きたてパン」とは言っても、メーカーの既製品をそのままガスオーブンで焼いているだけのパン。確かに焼きたてでしょうけどねぇ。
「石窯焼き」でもガス管が中に通っていて、実は中でガスを焚いていたり、とかね。
なんかちょっと裏切られた気持ちになっちゃいませんか?


a0060742_1556986.jpg
ダーシェンカでは、石窯の中に薪をいっぱいくべて、熱っつくしておいて、すぐに燃えカスを掃除して残った石窯の余熱で焼くんです。小麦の香りを閉じ込めた美味しいパンを焼くためには、これがいちばん良い方法なんですよ・・・ってオーナーが言ってます(笑)。 私もそう思います。




a0060742_16193858.jpgだからお店の前にはストックしてある薪がたくさん置いてあります。
なかなかの量でしょ。でもこれぐらいの薪はあっという間に無くなってしまうんです。石窯が幸田店だけでも5台ありますので。
by bakergirls | 2006-04-09 16:55 | パン屋のお仕事
酵母づくり①
ブログのページをご覧のみなさま
ご無沙汰でした・・・。

ここの所、いろいろ色々あって、2Week程
お休みしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

今週は、妻の実家でイチゴが取れたので、
イチゴの酵母作りを何回かに分けて
ご紹介したいと思います。a0060742_18543630.jpg



その1
新鮮なイチゴを用意して「へた」を取ります。
(モデルは、スタッフMちゃん)







その2a0060742_18551060.jpg
ミキサーにかけて、砕きます。
その時、液体になりやすい様に、水を少し入れてスイッチON!
美味しいイチゴジュースの出来上がりです。
が・・・、もちろん飲んではいけません。






その3a0060742_18554349.jpg
清潔なガラスびんに入れて、液糖(ガムシロップ)を酵母の容積の20%入れて、密封保管します。

続きは、また来週・・・。
by bakergirls | 2006-02-08 19:01 | パン屋のお仕事